もう何か色々な内容で!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

中編「ツアー編、ぐだぐだを君に。」

どうも㌧です。
予告通りICBの中編のツアー編をお楽しみください。
ちなみに作者はこの中編で執筆に一番苦戦してますw
お見苦しい部分もありますがヨロシク(;´∀`)ノ

注意、初めて見られる方は

是非『前編から』←ここテストに出ます。

お読みになって下さいませませ。


では続きへ~。 注意:この話は悪魔でフィクションであり
実際に起こっ(ry
そして三国志の世界観を完全に無視して(ry


ついにツアーに行く事になった曹操御一行。
はたしてどんなツアーになるのやら。楽しみですねぇ。

ツアー初日。

郭嘉「なぁ…何故この『つあー』は私たちだけなのだ?」
荀「そうですねぇ…文遠の説明から察すると
   他の『つあー』の人達もいるはずなのですが…」
曹操「ねぇ…まだ行かないのぉ?」
張遼「すみません曹操様、もう少ししたら
   という者が来るはずなのですが…
   仕方がない、私が探してこよう。」

張遼はその場を後にした。

そして5分後。

張遼「殿!殿!一大事でございます。」
曹操「うるさいなぁ…どうしたん?」
張遼「先ほど『てんじょういん』が道で何者かに
   暗殺されて…この紙きれを残し息を引き取りました。」

曹&郭&荀「こっ、これは…!?」


      後
    は
    任
    せ
    た
  息
  子
  た
  ち
  よ
  |



郭嘉「文遠、まさか『てんじょういん』はアノ方ではないよな…」
荀「ですね…どう考えてもあの人ですよね…」
曹操「孫○!!孫○!!
張遼「ダメです、曹操様!!確かにそれだと線は増えますが…
   それでも言ってはダメです!!」

あわてて張遼がフォローする。

張遼「仕方が無いので…私が今回のツアーの
  『てんじょういん』を勤めさせてもらいます。」
荀「まぁ企画者だからそれでいいと思いますよ。」
曹操「そうだねぇ、ところで今日の予定は?」

完全にアノ人のことは無視である。

張遼「はい、今日は呉の『つあー』と言う事で
   色々各地を巡って見ましょう。」

4人は景色を楽しみながら最初の目的地へと着いた。

曹操「張遼?これは何の名所?」
張遼「えー…弓の国、呉ということで
   現実に矢の雨が降る不思議な場所ですね」
??「お 、誰だあい らは…怪し やつ が
   い ぞ矢を て!!」
郭嘉「ん?やけに騒がしいが…」
荀「そうですねぇ…遠くから聞こえるので
   あまりよく分かりませんが…」

すると矢が雨の様に降り注いできた。

曹操「わぁ~ホントに矢の雨が降ってくる…
   ってなんか徐々に狙いがこっちの方にきてるよ?」
郭嘉「大変です!!すでに文若に当たっております!!
荀「…。」
張遼「え~っと…じゃあこの場所はここまでにして
   次ぎ行きましょう、次。(汗」

一同は一目散にその場を後にした。

郭嘉「文遠、これはどう言う事ですか?」
張遼「多分手違いかと…不審な四人組みを見て
   怪しいと思い撃ってきたとしか…」
郭嘉「それでは、あの場所は矢の雨の降る場所でないと!!」
曹操「まぁまぁ、手違いなら誰にでもあるよ。
   それより次はなんだろう?楽しみだなぁ~」
荀「そうですね。皆さんもっと楽しみましょうよ。」

荀が流血しながら言うもので
かなり説得力が無いが確かにその通りでもある。


その後も怪しい

『あなたも漢の意地を体験してみよう』

『みんなで名君を打ち破れ』


などの怪しい予定をこなしながら夜になった。

張遼「でっ、では気を取り直して次の名所です。
   呉と言えば火計。周瑜が火をつけて
   今もその火が消えない松明群と言うものが
   有るらしいので、それを見学に行きましょう。」

数十分後。

郭嘉「ココがその松明群ですか…
   いやはやこれは素晴らしい眺めですな。」

延々と続く1本道の両脇に松明が1本ずつ置かれ
等間隔に列を成していた。
まるでそれは炎の道の様にも見えたのだった。

張遼「どうですか?曹操さま?」
曹操「うわぁ~きれいだねぇ~♪
   今日1日嫌な事沢山だったけど…
   これ見たら全て忘れたよぉ。」

4人は暫くその綺麗な光景を眺めていた。
が、その時突如風が吹き荒れた。

曹操「うわぁ~風で火が踊ってるように見えるね♪」
張遼「なんとも素晴らしい光景ですなぁ…」
郭嘉「…ん?なんか焦げ臭い…!!
   たっ大変です!!文若に引火しました!!
荀「…。」
曹操「大変だ!!得意の大水計で火を消すんだ!!
張遼「曹操様!!それは違う人です!!
   また間違えておられます!!

郭嘉「そんな事より早く火を消さねば!!」

…とまぁこんな感じでろくなことも無く
一同宿へ泊まり、お互い無言で速攻床についた。
この様に、初日はグダグダに終わったのでした。
明日は最終日の蜀ツアー、果たしてどうなる事やら…。

ツアー最終日

張遼「昨日は色々とありましが
   今日は最終日なので普通の『つあー』
   になるだろう…と思われます。」
郭嘉「ホントに普通の「つあー」にしてくださいよ。」
荀「まぁまぁ奉孝、いろんなことがあったほうが
   楽しいじゃありませんか。」
郭嘉「分若、あなたそればかりじゃ無いですか…」

流石に少々気まずい空気に…

曹操「所でさぁ?気になったんだけど、何でこの
  『つあー』は1泊2日なの?短くない?」
張遼「それは作者がネタはあるが
   その間の構想が上手くいかず志半ば力尽きた…
   って何を言わせるんですか!?

曹操「色々と大変なんだねぇ。
   と言うか全体的にグダグダした内容に…
郭嘉「曹操様…それを言ってはなりません。」
張遼「では今日のツアーですが…まずは
   『蜀民ランド』と言うところに行きましょう。」
曹操「ディ○ニーラ○ドじゃないの?」
郭嘉「曹操様…?何ですかそれは?」
曹操「2匹のネズミを筆頭とした
   『めるへんちっく』で夢の様な場所らしいよ。

荀「曹操様それ以上言うのはやめましょうね(汗」
張遼「とっ、とりあえず行って見ましょう(汗」

4人は一握の不安を抱えながらも蜀民ランドへと向かった。

曹操「へぇ…ここが蜀民ランドかぁ。
   人がいっぱいって事は人気の場所なんだね」
張遼「では、色々回ってみましょう。」

その1「げぇ!○○!!屋敷」

曹操「…。何これ…いきなり地面から孔明や関羽などの
   人形が出てくるだけなんですけど…」
張遼「あー…えっと…次行きましょう、次。」
郭嘉&荀「…。」

その2「石を積み上げて作られた迷路。」

曹操「つまんない…。」
郭嘉「コレはないですね…。」

その3「馬岱叩きゲーム。」

曹操「お金を入れて…スタート、ポチっとな。」

うぃいいぃいぃぃぃいぃん…

メカ魏延「オレヲキレルモノハイルカ!!(裏声)

3、2、1、ピー。

メカ馬岱1「ココニイルゾォ!!(裏声)」ウィーン
     メカ馬岱2「ココニイルゾォ!!(裏声)」ウィーン
メカ馬岱3「ココニイルゾォ!!(裏声)」ウィーン
     メカ馬岱4「ココニイルゾォ!!(裏声)」ウィーン

時間経過…。

メカ魏延「オノレェ。(裏声)

曹操「70馬岱かぁ…まだまだみたいだ。」
郭嘉「これ意外に面白いですね。」
荀「偶に馬岱に混じって馬超が出てくるところなんて
   結構にくい演出でしたね。」

その4「大車輪コースター。」

全員の感想。とりあえず気持ち悪かったと。

その5「げーせん。」

ここでは郭嘉と荀は別行動の用です。
曹操「ん~?なにあれ!!凄く可愛いぞ!!」

「くれーんげーむ」というコーナーで
曹操は何か見つけたようです。

張遼「どうしました?曹操様。」
曹操「あのね、す~~~~んごく可愛いなんだろ?
   あれなんて言えばいいのかな!?」

この時代にヌイグルミという概念は無いはず…
うん、多分そうだと思うな。

張遼「人形…でしょうか?見た目では…
   熊のように見えますね。どうやらお金をいれて
   あの手みたいなもので取るみたいですね。」
曹操「よしっ!!一回で取るぞぉ…。」

その時、場の空気が一瞬にして張り詰めた!!

曹操「今こそ飛躍の時。
   わが志は、千里にあり!!」


張遼「おお!!いつもの曹操様に!?」
曹操「わ~い♪熊の人形取れたよ~♪」
張遼「もっ、戻るのはえぇ…」
曹操「さて、取り出さなきゃ…」

しかし取り出そうとした瞬間!!
取り出し口から刃物がギロチンのように落ちてきて
自慢の前髪が切れてしまった!!

曹操「あーーーーーーー!!前髪がああああああ!!
張遼「曹操様!!お怪我はありませんか!?」
曹操「大丈夫だけど…前髪が…」
張遼「とりあえずココは危ないので人形を取って
   早急に去りましょう。」
多分曹操を憎む誰かが仕込んだのだろう。
しかしそれ以降は特に危険な事はなかった。

その後、郭嘉達も合流し数箇所を回り昼飯に皆で

蜀民ランドの名物
「ふぁいぶぺっぱーらいす」

を食べ全員そこそこ満足して蜀民ランドを後にした。

曹操「すんごく微妙な場所だったね…。」
郭嘉「確かに…。」
荀「でも、それなりに楽しめましたからいいと思いますよ。」
張遼「すみませんでした!!
   こんな微妙な「つあー」に誘ってしまって…
   でも最後は凄いですよ…金100で4人分
   1泊2日とは思えないくらいの凄いイベントですよ!!


曹&郭&荀「金100って!!だからこんなツアーなのか!!

明かされる驚愕の事実。
金100で1泊2日。コレはヤバイ…
果たしてこのツアーを締めくくる
最後のイベントとは何なのか?
そして最後のオチはあるのか!?


作者は今日1日中後編を書かず

ロマサガ3をしていたのか?



真意はいかに!?次回後編へ続く!!

ロマサガ3テラタノシスwwww
スポンサーサイト
  07/02 ICB TB(0) | CM(4)
こんばんは、日立です。
全体的に笑いました。特に馬岱叩きには大笑いさせてもらいました。
後編も楽しみに待ってます。
[ 2006/07/02 22:23 ] [ 編集 ]
ってまだ後編もあるんですよねw
お疲れ様はちと早かったですね(^^;

>馬岱叩きゲーム

これやりたいですw
たまに馬謖とかも出てきそうですねw
[ 2006/07/03 00:37 ] [ 編集 ]
こんばんわ~
中篇、楽しく読ませて頂きました~(≧∇≦)b

UFOキャッチャー一発取りとは!!!
さすがソソ様、さすがコスト3!!!
そしてペッパーランチまであるとは^^
わたしもアキバ行ったトキは
アキバGIGOの下のトコでよく食べてます^^b
[ 2006/07/03 04:32 ] [ 編集 ]
日立さん>
コメントどうもです^^
馬岱は何気に考えてたら
意外にこれいけるんじゃね?
という事で採用しましたw

晃さん>
完全に某ワニを叩くゲームのパクリですがw
実際これあったらやってみたいですねw

「泣叩馬謖。」

まりうす@さん>
気合を出せばユーフォーなんて
一発ですよw

ふぁいぶぺっぱーらんち…
5胡椒ご飯
五虎将ごはんとなっているはずですw
自分も秋葉行くとペッパーよく食べますよ^^

[ 2006/07/03 22:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
クロスFC2キャウンター
プロフィール

豚足の貴公子

Author:豚足の貴公子
名前:長いので㌧
現在8品

大戦:チームらいぱの構成員。

得意な兵種は槍
苦手な兵種は馬

基本的にメインデッキは
桃園になるはず。


縛りデッキ時々普通のデッキ
で絶賛プレイ中。

只今の縛りデッキ
武将蜀呉:軍師魏の三色デッキ


基本的に家ゲーRPG
大好きな一人っ子。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。